こころの病気(専門編) |ハートクリニック町田

選択性緘黙

F94.0 選択性緘黙

Elective mutism

疾患の具体例

7歳女児。家にいるときは普通に話しますが、学校では一言も話しません。教師が何かを訊ねても下を向いているだけで、授業で教科書を音読するように言われてもできません。友達もおらず、クラスで孤立しています。こうした状況が半年以上続いています。

特徴

緘黙(かんもく)とは、言語能力があるにもかかわらず、話せなくなってしまうことを指します。選択的緘黙は、家族や親しい友人とは話せるのに、学校や知らない人など、特定の状況下では沈黙してしまう障害です。祖父母やいとこなど、第2親族の前でも話せない場合もあります。時々、言葉以外の手段(例:音をたてる、指差す、書く)などでコミュニケーションをとるかもしれません。

この障害は、社会的不安、引きこもり、敏感さ、あるいは抵抗を含む際立った性格的特徴と結び付いていることが普通です。

学校において教師が読み方などの技能を評価することが難しいため、成績に影響しがちです。必要なことを教師に報告しない(例:学級内の当番を理解していない、トイレに行きたい)ため、トラブルになることもあります。

有病率

選択的緘黙は比較的まれな障害です。統計のとり方によって異なりますが、有病率は0.03~1%の間と推計されています。低年齢の子どもにより出現しやすいことがわかっています。

経過

通常5歳未満に発症しますが、学校に入るまで障害に気付かれないことがあります。持続期間はさまざまですが、成長にともなって症状がみられなくなることが多いようです。

原因

気質要因:親の恥ずかしがり、社会的孤立、社交不安と同様、否定的感情(神経症的特質)または行動抑制(知らない人や物に近づかない)が原因となっているかもしれません。

環境要因:親に社会的抑制(何かに取り組んでいても、他人が見ているとできなくなる)があると、子どもが寡黙になったり、選択的緘黙になったりするかもしれません。選択的緘黙のある子どもの親は過保護で管理的で、何らかの不安症群をもっていることがあります。

遺伝要因と生理学的要因:選択的緘黙と社会不安症には著しい重複があるので、この二つの間で遺伝要因が共通しているかもしれません。

治療

選択的緘黙は、個人療法、認知行動療法、行動療法、家族療法など、さまざまな治療法を用いることがよいと考えられています。学齢期には、個人での認知行動療法が第1選択として推奨されています。また、家族教育と家族の協力も有益です。それらの心理社会的治療が十分に効かない場合は、薬物療法を用いることがあります。例えばSSRIが使われます。

| HOME | 診療案内 | アクセス | PCサイト |