トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし ご家族 スタッフ募集 サイトマップ English
こころのはなし

高齢者のうつ病の特徴

老年期うつ病での主な特徴には次の2つがあります。 1つは、不安・焦燥感が強く、いても立ってもいられずに家の中を徘徊したり、入院中でも廊下を行ったり来たり落ち着きがなかったりします。

また、苦悶感も強く興奮を示すことすらあります。このような悲哀感より、不安、焦燥感が強く、抑制が軽い激越うつ病の病型は老年期うつ病では多く見られます。もう1つは、精神運動抑制が比較的軽いため、よく動き、よくしゃべり、一見病気と思わせないことがあります。

この他、老年期うつ病では心気症状が多い、意識障害(せん妄)を伴う、抑うつ性仮性痴呆を示す、身体疾患の併発が多い、治療薬の副作用が現れやすい、自殺率が高いなどの特徴もあります。

1.不安・焦燥が強い 6.抑うつ性仮性痴呆を示すことがある
2.抑制が軽い 7.身体疾患の併発が多い
3.心気症状が多い 8.治療薬の副作用が出やすい
4.妄想を形成しやすい 9.自殺率が高い
5.意識障害を伴うことがある  

越野 好文:臨床と研究 78(12):2167, 2001

 

高齢者でうつ病を伴いやすい身体疾患

さまざまな身体疾患に伴ってうつ病が認められることが報告されていますが、老年期ではほかの世代よりも身体疾患の発症率が高くなるため、身体疾患と関連するうつ病の発症も多くなります。

本態性高血圧症 慢性関節リウマチ
脳動脈硬化症 悪性腫瘍(がん、その他)
冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞) その他
胃潰瘍 慢性難治性疾患
糖尿病 各種の手術後
パーキンソン症候群 ある種の薬物使用による
(レセルビン、その他)

中川 徹也:Pract Gerontol 2(1):15, 1981

こころのはなし こころの病気の知識 こころの病気のはなし-1こころの病気のはなし-2こころの病まめ知識福祉用語の基礎知識 お役立ち情報自立支援医療制度 ソーシャルワーカーよりデイケア社会資源情報社会資源情報こころの健康アラカルトクリニック広場デイケア通信リンク集 トップページへ