トップページ 診療案内 各種プログラム こころのはなし 家族教室 スタッフ募集 サイトマップ English
クリニックのご案内(町田)

禁煙治療(町田)

2006年の4月から医師による禁煙指導が治療と位置づけられるようになりました。

手持ち無沙汰になるとついタバコに手が出てしまう「止めたいけれどなかなか止められない」と言った方は、保険適用によるハートクリニック町田の禁煙治療に参加してみませんか。

保険適用の要件

  • 直ちに禁煙しようと考えていること
  • ニコチン依存症の診断テスト「TDS」により、ニコチン依存症と
    診断されていること
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上であること
  • 禁煙治療を受けることを文書により同意していること

 

   

上記4つ全てが当てはまらない場合は、自費診療となりますのでご了承ください。

開始日等

  • 禁煙外来の曜日・時間については、ご予約の際にご確認ください。
  • 禁煙治療は自立支援医療の適用外となります。
  • 禁煙治療に興味のある方、思い当たる方、その他ご不明な点などございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ニコチン依存症について

2006年の4月から医師による禁煙指導が治療と位置づけられるようになりました。

タバコが止められないニコチン依存症についてお話しましょう。

手持ち無沙汰になるとついタバコに手が出てしまう「止めたいけれどなかなか止められない」と言った、タバコが止められないニコチン依存症の方が多くいらっしゃいます。

ニコチン依存症には三つの特徴があります。一つめは、同じ効果を得るためにたくさんの物質が必要になる「耐容量の増大」。若い頃に数本吸っていたのが一箱、二箱と徐々に数量が増えている人もいるはずです。

二つめはタバコを止めると軽いイライラ感やソワソワ感、人によっては不安感が強くなる「離脱症状」。 三つめは、「コントロールができなくなる」ということ。自分の意志ではブレーキをかけることができなくなり、病院などの禁煙箇所でも我慢できずに隠れて吸ってしまいます。

最近はタバコの害に対する理解が深まっているので、家族が喫煙者の健康を心配して禁煙を促すケースが多くなっています。

しかし、本人からしてみるとタバコが唯一の楽しみであり、そこから周囲との葛藤、摩擦が生まれてくるわけです。

禁煙や禁酒などで失敗を繰り返す人は一度、専門医に相談してみるのも良いかもしれませんね。

「こころのおはなし」 149 「タバコが止められない・・・ニコチン依存症について」より

各種プログラム カウンセリング 集団認知行動療法ダイエットプログラム禁煙治療訪問支援よくあるご質問 トップページへ